世界

1/2
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/11

世界

「で、一緒に暮らす事になったのかい?」 「身寄りがないんだ。面倒見るしかないだろう」 「ああ。よろしく頼むよ…それにしても、モートンにも困ったもんだね」 熱いコーヒーを啜りながら、男はため息を漏らした コーヒーの飲み方一つにも気品が漂う彼は、この大国ワームで最高位に立つ男である 男の名はライル=ノート=クライス 金の髪と蒼碧の瞳がその気品を更に際立たせている 宰相でありながら軍の総指揮でもある彼は王らしい派手な服は着ず、軍服に身を包んでいる 「少し舐められすぎているのでは?ライル陛下」 「…僕の事が疎ましくて仕方ないのさ彼は。そもそも僕と彼では思想が違いすぎる…」 「あの男は我が国に他国を従属させようとしている。伴い侵略侵攻もより積極的に行うべきだと考えている…といったところかな?」 「…流石だね」 ヴィルの推察は概ね当たっていたようで、ライルは苦笑いで答えた 「お優しい王様に苛立ちを覚えるのは仕方ない事だな」 「嫌な言い方をするなぁ…」 そんな皮肉にも嫌な顔すらしない辺りに二人の仲の良さが伺えた 「まあ、僕に苛立っているのはモートンだけじゃないからね…」 「敵が多いな。お互い」 「ふふっ、違いない」 「謀反には気をつけるべきだな」 「…まあやがてそうなる日も来るだろうけど、今出来る対策なんてたかが知れてる。その時はその時さ」 「…楽観的な男だ」 「そんな話よりも…どうするつもりなんだい?モートンの頼みを訊くつもりかな?」 「…いや、そのつもりはない。なにせ、本人が拒否しているからな」 「……間接的にでも、殺人を犯すみたいな気持ちになるんだ。誰だって嫌に決まっているね」 「…方針としては、まず世界を教える」 「世界?」 テーブルの上に置かれた小さな時計を手にしながら、ヴィルは言った 「彼女は…あまりに多くの時間を無駄にしている。通常人が学ぶべきことを学べていない…ただ、好奇と憎悪の渦の中で流され続けてきたからだ」 「…悲痛な話だ」 「ハッキリと自分の目で世界を知り、見定め、自分の足で歩かせる。兵器云々の話はそれからだ」 「……なるほど。それが正解だと思うよ」 ライルは立ち上がり、コーヒーカップをシンクの中に置き出口へと向かう 「それじゃモートンは僕が制しておこう。もし内密に来るようなら教えてくれ…今度は…本当に処罰するよ」 「…了解した。国王陛下」
/11

最初のコメントを投稿しよう!