四、派手な男
全5/5エピソード・連載中
77/84

四、派手な男

 陽が中天に昇りきる少し前。  時刻は十一時すこし前。  金富家の裏口から出た皐月を待っていたのは、永田である。 「昨日はすみませんでした。家人にああ言われては帰るほかなく…大丈夫でしたか?」  心底すまなさそうに言う永田に、皐月は昨夜の出来事をどう説明したものかと言葉に詰まる。 「前任者の方から、なにかこの家について伺っていたことはありませんか? その…不思議なことが起こる、とか」  口ごもりつつもそう尋ねた皐月に、永田は「うーん」と考え込む。 「前任者ではありませんが、金富佐波さんから変わったお話を伺ったことがあります」 「どういうお話ですか?」 「この家は、金富の女を捕らえておくための檻──そのようなことを、話されていました。てっきり何かの比喩表現だとばかり」 「檻…」  確かに、そうなのかもしれない。  立派な高い塀も、高台に1棟だけぽつんと建った立地も、まるで内から逃げられないようにしていると見えなくもない。
77/84

最初のコメントを投稿しよう!