第2章:千秋・晴香 編

1/3
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/102

第2章:千秋・晴香 編

世界なんて、なくなればいいと思った。 信じても裏切られる、嘘で塗り固められた、手を伸ばしても何も掴めない、光も希望も見えない真っ暗な世界なんて、そこにあるだけで意味のない世界なんて、全て、跡形もなく、消えてしまえばいいと思った。 思えばあの頃の俺は、死に場所を探していたような気がする。 俺を殺してくれる場所を、殺してくれる人を、探していた。 ただ存在するだけで、意味を持たないこの世界と同じ。 食料も、金も、空気も、無駄に浪費するだけの惨めな俺を。 誰か、誰か。 俺を殺して。 毎日、そう願って、生きていた。
/102

最初のコメントを投稿しよう!