女の神獣とシスターさんが出てきます

2/18
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
 はればれとした、春の青空。  海にむかって、閑静な住宅地が広がっていく。  青々とした海のむこうには、夏でも雪がきえない大山脈がみえる。  霊峰ともよばれるあの姿があらわれるのは、完全な晴れの日ではだめだ。  少し雲があり、太陽の光が弱まった日が見えやすい。  そのきりりとした鋭い峰。元気な緑の山肌と、雪のコントラスト。  僕の家は、住宅街より3階ほど高い、マンションの最上階。  ここから見えるすがすがしい景色が、僕は大好きだ。    でも僕の心は、ちっともすがすがしくない。  勉強机で肘をついて頭をささえ、心にモヤモヤを抱えたまま、ボーっとするだけだ。  あ、ランドセルに昨日の宿題が入ったままだった。  ……もし、この宿題を忘れたら……。  僕ら、5年2組の担任は太田(おおた) (さとし)先生。  剣道の達人で、顔の左半分や全身にあるやけどの跡がある。  すごく迫力のある人だ。  あの人、念をおすときはフルネームでよぶ。 『高橋(たかはし) 清治(せいじ)! 』  でも、なんだか、どうでもいい……。  ふと気がついた。  あの美しい山脈の姿をぶち壊す、赤い点がある。    ねえ、ユルキャラって信じる?  風にゆられてゆっくりフワフワ、こっちへ向かってくる。  ……まちがいない。  まん丸のおなかに、短い首。  くっついた頭には、前につきでた長いアゴ。  胴体から飛びだす短い足は4本。その先には5本の鋭いツメ。  そして全長2メートルほどの半分は、長くて太いしっぽ。  ワニのような姿だけど、違うところもある。  全身をつつむのは、フワフワしたぬいぐるみの様な毛。  ネコのような耳。  そして背中からのびた二枚の、白鳥のような羽。
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!