第2章 心の旅

7/18
74人が本棚に入れています
本棚に追加
/108ページ
 厚化粧をしていた母親が腰を上げた。 「それじゃ、行ってくるわ」母親の出かける声に、「お母さん、行ってらっしゃい」  兄妹が同時に声を出して見送った。  母親は、日中のパートの少ない収入だけでは生活できないので、夜も働いていた。 「美香、まだ、お腹が空いている。朝に早くならないかな」  妹がお腹を押さえながら声を零した。  兄は聞こえているはずだが返事をせずに、食器類を片付け終えたテーブルに教科書とノートを並べていた。 「でも、朝ごはんを食べても、もう学校には行きたくない」  泣きそうな声を続けてきた。 「駄目 だよ、真美。何のためにお母さんは、昼も夜も働いているんだ? 僕たちを学校に行かせるためだろ」   妹と眼を合わせた兄は、言い聞かせるように強い口調で話し聞かせていた。  まだ中学1年生なのに、3年生の自分よりもしっかりしていた。            
/108ページ

最初のコメントを投稿しよう!