第一章〔羽の生えたヤモリ〕

1/10
529人が本棚に入れています
本棚に追加
/675ページ

第一章〔羽の生えたヤモリ〕

「浦島太郎」「桃太郎」「金太郎」 「一寸法師…」は違うか。 とにかく、むかし話に出てくる有名人には「太郎」がつく名前が多い。 だからといって、「太郎」という名前を持っていれば、強く、立派になれるわけでもない。 そう思っていた。 彼女に出会うまでは… ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「タロン、なるべく早く会いに来てね。じゃないと私、おばあちゃんになっちゃう…」 ミウは、大きな目に涙を溜めて、僕を見つめた。溢れそうになる涙を必死にこらえながら笑顔を作る姿を、僕は決して忘れないだろう。 大勢の人がいる中、その言葉の本当の意味を知っているのは、僕とミウだけの2人だけだった… ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 僕がその生物に出会ったのは、学校帰りのことだった。 いつもの道を、いつものように帰っていると、ふと、頭の上を横切る物体があった。 「なんだ?」と思い、上を見ると、なにやら黒い物が飛んでいた。 鳥とは違い、ゆっくりと羽ばたきもせず、まるで浮いてるように見えた。僕は、「コウモリか?」と思ったが、少し違った。     
/675ページ

最初のコメントを投稿しよう!