ドキドキ!初めてのルームシェア

3/6
79人が本棚に入れています
本棚に追加
/12ページ
細長い廊下を歩いて、ある襖を開けると真新しい畳の色と匂いで、少しだけ懐かしさを感じる。 昔、田舎の広い家に住んでいた婆ちゃんを思い出す。 こういう和室で、子供だった俺と一緒に遊んでくれたよなぁ…。 和室の真ん中にある卓袱台に急須と湯呑みが二つ、お盆に乗せられて置かれている。 菓子鉢には煎餅がたくさん入っているみたいだ。 「飲み物は緑茶でいいですか?紅茶やコーヒーも用意できますけど…」 「あ、緑茶でいいです!緑茶飲んでホッと一息つきたいです!」 「ふふ、リラックスしてくださいね」 卓袱台の下にある座布団に座るとふかふかしていて、正座したら不安定になりそう。 そう思いながら、足を崩して座ると同時に、目の前に湯気の立つ湯呑みが置かれた。 「早速ですけど、私は"弓槻 万琴(ユヅキ マコト)"と言います。一応ここの家主ですが、あなたの同居人で家族だと思っていただけたらと思っています。万琴と呼んでください」 「俺は"秋村 透(アキムラ トオル)"です。これからよろしくお願いします!」 「よろしくね。えっと…秋村くんと呼べばいいのかな?」 「あ、透でいいです!家族みたいな感じですし」
/12ページ

最初のコメントを投稿しよう!