29(承前)

8/10
58人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
 火球はふくらんだときと同じように急速に縮滅していく。ばらばらと雷光22の破片が豪雨のように雲山改の機体に当たった。 「ジャン・ピエール、だいじょうぶか」  タツオは叫んだが、ジャン・ピエールはすでにつぎのロケットランチャーを拾いあげていた。肩にのせ照準に移る。だが、残された敵機も復讐に燃えていた。距離を詰めながら、三連の機関銃を高速回転させ、1分間1200発の銃弾をばら撒いてくる。 「いいから、もう逃げろ」  タツオは叫んだが、ジャン・ピエールは足をおおきく開き、轟4のスコープを覗きこんでいた。もう一機も落とすつもりなのだ。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!