その一瞬

彼は私を愛してくれた

雛姫

恋愛 完結
21分 (12,468文字)
2018.7.22 続編公開はじめました。

234 1,667

あらすじ

一面を赤く染める紅葉 それは、恋に似てる。 燃えるような情熱で、見てる世界の全て覆いつくす。 冷たい風が吹き抜けても、その瞳は揺らがずに赤く染まったまま 叶うなら、このままで。 気付きたくなか

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 5

※この感想はネタバレを含みます※

心って、理性ではコントロールすることができなくて、どう足掻いても願っても、誰かに恋をする “気持ち” を変えさせることはできないし、頑張って頑張って、大好きな彼を繋ぎ止めることができたとしても、彼の、
胸が締め付けられました。 ボロボロと泣くわけでもなく、でも涙を堪えないと最後まで読めませんでした。 今も苦しいです。 ただ、私は曜子でありたいと思いました。 素敵な物語をありがとうございます。
1件1件
  一目見た、その一瞬。その一瞬で、心を染め上げる。 それってすごく素敵なことなのに、一方で、ものすごく残酷なことでもあるんですね。心が動いてしまうこと自体は罪ではないから余計に。 曜子が鈍感な女だ
ネタバレあり
4件3件
もっと見る

この作者の作品