7.タマゴくらべ

97/97
241人が本棚に入れています
本棚に追加
/471ページ
人が人として生きるのには何が必要なのか、どうするべきなのか? そんな究極の哲学みたいな事は、生存するだけで精一杯のショボいオバチャンには分からないけれど、自分なりのその答えを見つけるために人は生きるのかもしれない。  未だ定職に就けず独身のままの、とことん冴えない中年女だけれども、日足千恵はとことん頑張って生きて働く。 オケラだってアメンボだって、生きる権利があるのだから。  @一時完結@ 私の冴えない日常を愛読して下さってありがとうございました、また再び皆様とお会いできる事を願いつつ一時完結いたします。 親愛なる皆様の日常に喜びと幸福がありますように。日足千恵
/471ページ

最初のコメントを投稿しよう!