R18

12/23
86人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ
「依織っヤバイ…よすぎる…俺……んっあぁぁ…」 「可愛いよ…秋夜さん。涎まで垂らして…身体中震えっぱなしで…たまらない…」 「依織…お前だって…ガチガチにして…俺の腹に当たってるっての…」 「当ててるんだよ。それに俺の腰を離さないのは秋夜さんの長くて強い足でしょう?」 「まぁな……ひゃっ」 「秋夜さん乳首だけでイケるんじゃないかな?」 「はぁ…依織…なん、でも良い、から…お前が…イカせて、くれ…オッサンの心臓、もたねぇよ…」 「うん、秋夜さん…」 秋夜さんにキスをしながら乳首への愛撫を再開する… 「んんんっっ」 両方に爪を立てて同時に舌を甘噛したら 「!!!」 秋夜さんが目を見開いて腰を跳ね上げ、次の瞬間には支えにしていた両腕から一気に力が抜けてベットに沈んでいた 肌着に秋夜さんの精液が染み広がって…なんだよこれ…エロすぎる… 「はぁはぁ…いおり…おれだけ、悪いな…」 焦点の合わない潤んだ目で見つめられて、閉じきらない濡れた唇でそんなこと言うなんて… 「なんで悪いなんて思うの?俺で気持ちよくなってイッてくれたんだよ、秋夜さんは。すごく嬉しいよ」 「いおり…抱いて、キス、してくれないか…」 「うん」 ベットに上がり胡座を組んで秋夜さんを横抱きにする。脱力している秋夜さんの顎を支えてキスを繰り返す。少しすると、秋夜さんの両腕が俺の首に掛かり、より密着してキスが深くなる 「ん…いおり…好きだ…」 「嬉しいよ、秋夜さん。俺も好き、好きで好きで、たまらない…」
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!