第4章 土星のルール

84/324
3934人が本棚に入れています
本棚に追加
/1077ページ
でもまあ、おかげでこうして美月の近況を追うことができている。 卒業制作を教授から絶賛されたこと、来月から伯父の経営する絵画教室のアシスタントとして働くこと――――高い金を出して美大で学んだ末の就職先がそれでいいのか謎だが、デザイン科以外の進路などその程度らしい――――、そして新しい恋人。 いきなり嫌いになったわけでも、興味が尽きたわけでもない。 親に紹介できる相手と恋をして、幸せになってくれればいいと心から思う。本当に勝手だけれど。 「早いなあ。週末には桜が咲くなんてなあ」 年度末の激務の中なんとか区切りをつけた翔と、赤提灯(あかちょうちん)の店で飲んでいた。 串焼きの煙を吸いながらホッピーを飲んでいると、なんだかずいぶんオヤジになってしまった気がする。 「そうそう、今週末花見しねえ? 疲れてなければ」 去年のあの花見から1年か、と感慨に耽りながら誘ってみる。 土日は死んだように眠りたいと言われるかと思いきや、翔は寝癖に手をやりながら「いいねえ」と応じた。
/1077ページ

最初のコメントを投稿しよう!

この作品は「スターで応援」をした方限定、特典作品が読める!

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0