苦々しい思い

6/8
2991人が本棚に入れています
本棚に追加
/306ページ
 「な、な、なんでそんなことになってんの?」  「あー、やっぱり違うのか。女子社員たちが給湯室で噂しててさ、まさかなと思ったけど、一応聞こうと思って」  「違うよ。握手したときによろけたの。」  「え?握手なんかしたのか?営業部ではただの挨拶だったぞ?」  「経理部ではみんなと握手したよ『よろしく』って言われながら」  真治は顎に手をあてて何か考えてる。  「どこの部署でもそんなことしなかったはずなのにな。なんでだろ」  「経理部にかわいい女の子でもいたんじゃないか?」  「好みのタイプか?そんな姑息な手使わなそうじゃないか?怖そうだし」  「じゃぁ、なんでだろうね」  隣の席のみるきぃが、いつもの椅子を滑らせて彩の席まで近づいてきた。  「そういえば、黒須さんフルネームなぜか聞かれてましたよね。案外、黒須さん目当てだったりしてね」  みるきぃは、舌をペロッっと出し、また自分の席へ椅子を滑らせていった。  少しの爆弾を落として・・・。
/306ページ

最初のコメントを投稿しよう!