隣の王子
全1/10エピソード・完結
1/315

隣の王子

 隣の席の沢村君は、仕事ができる。  うちは外資系の保険会社なので、正直、生き残っているのは仕事のできる人ばかりだ。  その中でも、沢村君はずば抜けている。  入社してきたと思ったら、いきなり、エリアの新人記録を塗り替えた。  どういう人脈か、企業の福利厚生で保険を預かって来るから、一度に何十人もの契約があった。  そんな彼も今年で入社三年目になる。それでもまだ、ピチピチの27歳。私とは親子ほども離れている。  くわえて、ハンサム。私のみたてでは、身長は180センチを超えている。手足も長い。  濃紺の縁の眼鏡をかけているが、その奥の瞳の輝きといったら、三次元ではなかなか拝めないレベル。  それだけで終わらないのが、沢村君のすごいところ。  なんと、声まで良い。ちょっとしたクサイ台詞にも堪えられる、低めのイケボ……イケてるボイスの持ち主なのだ。  まさに『王子』の風格。  いつも忙しくしているので、残念ながらあまり話す機会はない。
1/315

最初のコメントを投稿しよう!