隣の王子

12/21
6895人が本棚に入れています
本棚に追加
/323ページ
 何だろう。私の人生は、と思う。  いつもは、目を背けている現実だ。  誰しも何もかもを手に入れられはしない。   だけど、家庭もあって、自由もあって、お金もあってと多くの物を手にしている人もいる。  人と比べても仕方ない。  わかっている。  今更、人生やり直せない。  わかっている。  どんなにあがいたって、年老いていく。  わかっている。  私は、一人寂しく死んでいくんだ。  わかっている。  だから、何だ。  私は、これでいい。ちゃんと選んで今がある。 「野々村さんは、ほんまに、一人でええ人なんやな」  突然、荻原さんに言われる。 「どういう意味?」  荻原さんが頬杖をついて私をみた。 「自分ですぐに立ち直る」 「かわいくないってこと?」  頭を横に振った。 「いや、尊敬する」  結局、かわいくないと言うことだろう。  
/323ページ

最初のコメントを投稿しよう!