宴の後
全2/10エピソード・完結
22/315

宴の後

 まぶたに、朝の光を感じていた。目は開けられない。覚める前の意識の中で、人の温もりって気持ちいいと思った。包み込まれている。脇にかかる腕の重みも……  おかしいと気づく。  私には今、彼氏はいなかった。  嫌な予感がする。いやいや、予感ではない。実感だ。  この感じは服を着ていない。私も……相手も……。 「んー」  肩に息がかかる。抱き寄せられて、余計に密着する。脚に、硬いものが当たった。  恐ろしくて、目が開けられない。  相手は、行きずりでないなら、荻原さんしかない。それくらいは覚えている。  胸に手が伸びてきた。慌てて腕を押さえる。 「んん?」  呻いたと思ったら、いきなり大きな声を出して立ち上がった。  掛け布団が捲れ上がる。見覚えのないシーツだった。  私は慌てて手を伸ばそうとした。布団のはしを目で追う。ベッドから落ちていきそうだ。届かなかった。  顔をあげると、荻原さんの股間が視界に入り、慌てて顔を手でおおった。 「違う!」  荻原さんが焦って言う。 「朝やし」  そんなことはどうでもいい。
22/315

最初のコメントを投稿しよう!