過去との遭遇
全4/10エピソード・完結
64/315

過去との遭遇

 私は、ゴールデンウィークにどれくらい仕事を入れるか悩んでいた。最近は、週の大半を荻原さんの家に泊まりに行って過ごしていた。  今日はミーティングのあと二十代の女子二人から、ランチに誘われていた。二人の希望でパスタランチへ行くことになった。 「最近、野々村さんファンデーション変えたりしました?」  最初の質問がそれだった。 「別に……」 「そうなんですか? なんか、肌のきめとか透明感とか……前からきれいだったけど、さらにきれいになったなあって、二人で思っていたんですよ」  思い当たることといったら、あれしかなかった。 「食事に気を付けるようになったかな?」  夜遅くの商談がない限り、荻原さんの用意してくれたものを食べていた。 「やっぱり食事ですかあ」  微笑んで誤魔化した。  私たちは、相変わらず付き合ってはいなかった。  荻原さんのことをどう思っているかというと『好き』とは違う気がする。  ランチから戻る。営業所の前で、沢村君が女性客の応対をしていた。  ショートカットの気の強そうな女性だ。何かのクレームかというほどの雰囲気だった。 「申し訳ございませんが、ただいま荻原は出ておりまして」 「連絡を取って欲しいの」 「連絡はいたしましたが、あいにく商談中のため、少しお待ちいただかなければならないかと」 「じゃあ、待たせてもらいます」  荻原さんは、アポを入れない日のはずだ。  沢村君が女性を相談ブースへ案内する。  戻ってきたので、訊くと、とにかく荻原さんを出せと言っているらしい。こんな日に限って営業所長は本社へ出張している。 「申し訳ありませんが、アポがあって出るので荻原さんに連絡を取ってもらえますか?」  私のアポは夕方以降なので、余裕がある。引き受けることにした。
64/315

最初のコメントを投稿しよう!