2、八剣山の竜穴

1/2
30人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ

2、八剣山の竜穴

だが龍は村を去ったのではなかった なんと八剣山の龍舌岩にとぐろを巻いてへばりつき、大きな声で毎晩、啼くのである その声が空で轟くと雷がなり、嵐が起きて大雨が降り続き、村はまた多大な被害を被った 〝 いったい、今度はなんなのだ?〟 僧侶はおおよそ、人が足を踏み入れたことのない、八剣山の山頂にある竜穴の中に 龍に会いに向かうのだった image=512090319.jpg
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!