Allure

1/24
1393人が本棚に入れています
本棚に追加
/219

Allure

 後部座席のシートに深く寄り掛かりながら、瞳を伏せている丹精な鼻筋に、街の灯りが映り込んでは飛んでいく。黙っている彼は、その整った顔立ちが強調されて、無意識にも目をとめて惹きつけられる。動きのない表情が、まるで精巧に作られた人形のようでもあり、同じ男なのに手を伸ばして触れたくなるような衝動に駆られるのも信じ難い。  バックに撫で付けられた黒髪が少し乱れて額に掛かり、車の揺れに合わせて振られる首筋の動きが視界をよぎれば、浅い眠りが苦しげにも思えて心配になる。時折長い脚を左右に振り、窮屈そうに身をよじるのを見れば尚更だ。長身の彼が眠るには、タクシーの車内が通常よりも小さく感じられた。 「おい、大丈夫か?」  隣りから身を乗り出して、そんなふうに声を掛けた。すると、閉じていた瞳をゆっくりと開き、口元に薄い笑みを浮かべてうれしそうにこちらを向いた。 「何だ、心配してくれんのか?」  クスッと余裕の微笑みを見せたと同時に、頬と頬とがくっ付く程の位置にまで近寄られて、波濤(はとう)はびっくりしたように舌打ちをしてみせた。 「……っンだよ! 充分ゲンキじゃねえかよッ!」
/219

最初のコメントを投稿しよう!