プロローグ

1/1
161人が本棚に入れています
本棚に追加
/377ページ

プロローグ

もし、運命を変えられるのなら、どんなことも受け入れる。これまでの哀しみを忘れて、何も望まないと誓う。 「ママが好きな、みりん多めの味付けにしといたから」 まだ肌寒い4月の朝。朝日の射し込む和室で膝をつき、さっき作った玉子焼きを仏壇に置いた。 そしてそのまま手を合わせて、まっすぐにその人を見つめる。 「私……今日から中学生になります。パパと二人、幸せに生きていきます」 写真の中で笑うママは、なにも応えてはくれなかった。
/377ページ

最初のコメントを投稿しよう!