Please tell me you

9/9
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
「深沢くん」  私が名前を呼ぶと深沢くんはびくりと肩を跳ねさせた。 「深沢くん、あのね。今深沢くんが言ってくれたこと、私、全部嬉しかったよ?」 「……え?」 「そんなふうに思ってもらってたことも、私のことを知りたいって言ってくれたことも、全部。だから私が嬉しいこと、教えてあげる」 「な、何?」 「私にも、深沢くんのことを教えてください」 「え?」 「それが、私が今されて嬉しいこと、かな」  深沢くんは一瞬きょとんとした顔をして、みるみる頬から顔全体に赤が広がっていく。きっと私も今、同じ色をしてるんだろうな。 「えっ、と。その、佐々木さんのことが、すきです」 「そっ、それはもう聞いたからっ!」 「えっ! あっ! ご、ごめんっ。えっと、あー、えー」  お互い顔真っ赤にしてわたわたしながら話してるのが、何だかちょっと面白い。  私も、深沢くんのこと、もっと知りたいです。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!