「春の舞 爛漫虫」

桜の木の下に眠る美女は娘に生き埋めにされたのだ。幻想文学。受賞作。

ぱんでもにうむ

14分 (7,976文字)
春の夜桜をモチーフにした幻想的な文学。詩のような雰囲気で読みやすい。ピックアップルーキーに選出されました。

5 77

あらすじ

(ピックアップルーキーに選ばれました) 「睦月、如月、弥生、と来て問題なのは卯月だ。明らかにそれまでと様子が変わる。  真夏のぎらぎらした生命感とはまた違い、一見美しいものに内包された誕生への強烈な執

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品