Code.1 Escape-Prologue

1/6
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/398

Code.1 Escape-Prologue

 一人――また一人。  殺しても殺しても、気が晴れることなんてない。  自分の身体をこんな風に作り替えてしまった科学者を全て殺して回っても、この身体が元通りに戻る日など来ないのは百も承知している。  だが、どれだけ不毛でも、どれだけ空しくても、この生き方を止めるつもりはない。  彼らに与えられた『能力』で、やり場のない憎しみを叩き返すより他の生き方など、もう分からない。
/398

最初のコメントを投稿しよう!