Code.1-4;ノース・エンドの衝突【後編】

1/10
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/398

Code.1-4;ノース・エンドの衝突【後編】

 プラズマを纏って飛来した青白い光弾が、遠慮なく破裂した。  その場はもうもうと土煙が立ち、あっと思う間もなく視界が利かなくなる。 (くそッ……!)  その美貌に似つかわしくない悪態が、脳裏を過ぎる。  気配が読めない。何より、今の爆発は、間違いなくフォトン・シェルに因るものだ。そこから導き出される答えは、一つしかない。  素早く思考を切り替える。問答無用で撃って来たことからして、相手は自分を――もしくは自分達を最初から殺しに掛かっているのは疑いようもない。その上、スィンセティックが相手だとしたら、気配を読んで戦うことはできない。肌で感じる空気の流れと、視覚だけが頼りだ。  必死で目を凝らすのとほぼ時を同じくして、規則的に立ち上る土煙の端が不自然に揺れる。煙幕が中心に吸い込まれるように渦を巻いた、と思った途端、その渦の中心から前触れなく拳が伸びた。  ご丁寧に、青くスパークしたものを纏っている。  弾丸状態にする前のフォトン・エネルギーは、腕や足に絡み付かせることで、拳や蹴りの威力増幅が可能だ。パワーは勿論、常人のそれとは比較にならない。まともに喰らえば、ヒットする部位によっては、良くて全治数ヶ月、悪くて再起不能、最悪あの世へ直行だ。  再度漏れた舌打ちと共に、エマヌエルも同程度の威力のフォトン・エネルギーを腕に纏う。正面から飛んでくる拳の軌道を手で払い除け、雷光を纏った足を蹴り出した。ヒットすれば、相手の腹部が大幅に抉れていたに違いないが、読まれていた。  相手は下手に避けず、寧ろ身体を前へ押し出すことで、自分のダメージを最小限に抑えることを選んだ。  直後、右肩を強く押された。と思った途端、背中を思い切り地面へ叩き付けられる。  背後に受けた衝撃よりも、押された右肩に異物が食い込む感触に、みっともなく喉から悲鳴が迸った。白くけぶった視界の中から、人影と思しきものがようやくその姿を見せる。  エマヌエルの右肩を、文字通り地面に縫い止めるその腕には、青い雷光が絡み付いたままだ。想像するのも気が引けたが、フォトン・エネルギーを纏った掌打が、右肩にやや食い込んでいる気がする。
/398

最初のコメントを投稿しよう!