屠殺場、牛殺しの政

人の為に犠牲になる牛、牛が殺処分されるまでの短い記録。

婆雨まう

17分 (9,841文字)
人が生きていくうえで小さな無数の命が犠牲になっていること忘れないで欲しい。

2 7

あらすじ

家畜である牛が食用の肉になるまで、人間のために犠牲になる牛についてふれた『屠殺場、牛殺しの政』。命の尊さ、命とは何かに触れたカオスな小説です。命を紡ぐのに、多くの植物、牛や豚。無数の魚の命が犠牲になっ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品