華星に捧ぐ

人類の居住する未来の火星で、復刻させた恐竜や謎の敵対者と戦う物語です

潜水艦7号

SF 完結
5時間2分 (181,187文字)
子供の頃、宇宙SFやロボット物、恐竜が好きでした。また推理小説が好きでした。それらを全部、ひとつにまとめた作品です。

22 827

あらすじ

西暦2900年。 人類は火星に人間が居住可能な環境を整えつつあった。 前線基地、大気、海、植物そして食料を兼ねた動物達。 中でも火星の低重力環境は、かつて地球に大繁栄していた『巨大恐竜』復刻に好都合だ

タグ

感想・レビュー 2

※このコメントはネタバレを含みます

凄く面白かったです。どうなるのか気になって読むのが止まりませんでした? ただ最後の方だけもう少し各方面の状況や、その後の展開も気になったので続編なんか出してくれると嬉しいです(*^^*)
3件

この作者の作品

もっと見る