『オモジョ』な私

1/13
3007人が本棚に入れています
本棚に追加
/342ページ

『オモジョ』な私

別れの前の呼びかけは、いつも大概決まっている。 「あのさ……」 私の久々に出来た恋人、宏樹(ひろき)もやっぱり同じだ。 「なぁに?」 「まぁ……とりあえず、座って」 「……オムライス、できたよ?」 「いいから、座って?」 「うん、わかった……」 目を見ない彼。 私の鼻は、瞬時に別れの匂いを察知した。 「……あのさ」 「……うん」 あぁ、いやだ。この空気。この沈黙。 最近、どことなく冷たくなっていく、この空気を感じていた。
/342ページ

最初のコメントを投稿しよう!