あらすじ
1/3
1/29

あらすじ

■グラスホッパー・マイティドライブ あらすじ パラリンピアンの100m走の世界記録が8秒を切ろうかという年、人の限界を超えたその姿に人々は感動し驚愕した。彼等の身に付ける<マイティドライブ>と呼ばれる外骨格の進化は、パラリンピックとオリンピックは垣根を無くしていき、マイティドライブはあらゆる分野で普及。それは人と機械の新たな時代の幕開けとなった。 そんな歴史的瞬間を見つめる幼い双子の姉妹がいた。 双子のうちの姉「マレ」は健康体として産まれ、妹「ノゾミ」は両足が不自由で、歩けない体だった。 二人が高校生になるとマレは<グラスホッパー>と呼ばれる競技を始める。ノゾミはマネージャーを務める。そこでマレは才能を開花させ、あらゆる賞を総ナメにし国体強化のオファーが来るほどに。その様子を見て憧れるマレ。しかし、当時流通していたマイティドライブの適正が合わず自分の足は動かないままだった。 ある日、マイティドライブメーカーから一通の招待状が届く。 それは、超人スポーツ大会、通称<U-sports>のプロリーグにて、最新のマイティドライブの被検体にならないか?という誘いだった。     
1/29

最初のコメントを投稿しよう!