喧嘩魚

俺とお前は喧嘩魚。寄れば争い、魚籠という名の地獄ゆき――

筑前筑後

6分 (3,459文字)

6 18

あらすじ

幕末の足音も近付いてきた頃。隠居した老武士・桐山大炊介は、魚籠いっぱいに釣り上げた鮎を、塩焼きにしようとしていた。ただ一人、今は離れた友に食わせる為に――。 人生の黄昏を迎えた老武士たちのひと時を描く

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る