第五章「お」

1/4
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/21

第五章「お」

おなじストラップ、買おっか……?」  それがきっと返事の代わりだった。  修学旅行の集団行動では、横山優理子と同じグループにはなれなかった。  でも、それはそれで良かったのかもしれない。  あの駅前での告白以来、なんだか、二人の間には距離が出来てしまった。  中学生の時と同じ失敗をしてしまったんじゃないかと、僕は不安に苛まされた。避けてるというわけではないのだが、自分自身も彼女に対して少し身構えてしまう。二人で話す頻度は明らかに減っていた。  その日は、クラス全体での清水寺観光だった。清水寺は荘厳で、お寺の庭も、建物も綺麗だった。歴史を感じさせる空気に、グループのメンバーは大いに盛り上がり、携帯での集合写真もいっぱい撮った。
/21

最初のコメントを投稿しよう!