第4章 考えるより感じろ
1/33
86/217

第4章 考えるより感じろ

「転校生が来た!」  教室という空間に並ぶ同じ規格の机には、同年とは思えない程にばらついた容姿の男女が思い思いの姿勢で座って、物珍しいものを見るように私を見ていた。あちらから見れば、私は細くて味気ない素朴な学生のはずだ。これほど多くの注目を集めることがなかった私には、この時間がまるで拷問のようにさえ感じられた。
86/217

最初のコメントを投稿しよう!