1、可愛い同級生

1/3
19人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ

1、可愛い同級生

「あきちゃん」  そう呼ばれたから女の子なのかと思った。 「やめろ」  色白で目の大きなその子は、可愛らしい顔に似合わない野太い声を発して眉間にシワを寄せた。 「名前で呼ぶなって。苗字にしろよ!」 「えー、今さら? どっからどう見てもあきちゃんじゃん」  その子の頭に手を伸ばして撫でたのは、女子バスケ部の広瀬(ひろせ)夏海(なつみ)だった。背が高いせいか大人っぽくて、サラサラのショートヘアが似合う顔立ちはきれいなのに、性格は男みたいだという噂だ。 「うるせえ、さわんな」  夏海の手をふり払ったその子は、同級生の男子の中ではずいぶん小さい。  こんなふうに鈴城(すずしろ)明貴(あき)の存在を知ったのは、同じクラスになった中学二年生の春。 「あの子いいなあ」  高清水(たかしみず)(れい)は思わずそう言ってしまっていた。自分と同じように小柄なのに、あんなに可愛い顔と名前を持っている。そのことが羨ましかった。 「まじで?」  小学校からずっと一緒の(もり)美月(みづき)が目を見張る。 「え、なんかおかしい?」  澪がキョトンとすると、美月は鈴城明貴のほうを見て、それからまた澪に顔を向けると声をひそめた。 「鈴城くんって、夏海ラブで有名だよ?」 「そうなの? でも、さっき名前を呼ぶなとかさわるなって……」 「子ども扱いするなって意味だよ。鈴城くん、部活ん時も隣のコートの夏海のことばっか見てるし」  美月は夏海と同じ女子バスケ部で、鈴城明貴も小柄ながら男子バスケ部員らしい。 「幼なじみなんだって」 「へー」  夏海とは小学校が違うので、そんなに話したことはないが、同級生の中では目立つ存在で、先輩に告白されたとかOBとつきあってるとか、そういう噂もあながち嘘じゃなさそうな感じのする子だ。 「いいなあ、夏海ちゃん」  澪は自分の細く頼りない体と夏海の女らしい体を見比べ、小さくため息をついた。  美月が気の毒そうな顔で、澪の肩をぽんぽん叩く。  この時点で大きく誤解されていることに、澪はまったく気づかなかった。
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!