彼の好み Revenge

1/31
3043人が本棚に入れています
本棚に追加
/1078

彼の好み Revenge

「さっちゃん、変なこと聞くんだけどさ………」 「はい?」 「……………あいつの誕生日とか知ってる?」 「………………………………」 「………………あいつって?」 「さっちゃん!!!言う前からニヤケてっから!!!!」 「あっはっはっひっひっ…………す、すみませんもぉ……………かっわいい…………!!!」 「いやもうほんと恥を忍んで聞いてんだから…………」 「すいばせっ、げっほごほっ、」 笑いすぎて真っ赤になる幸に負けず劣らず、敬吾も赤面して幸の咳が治まるのを待った。 なんだって、こんなこっ恥ずかしい思いをせねばならないのかーーー。 「はーーーーーっ、すみません、あーーー笑ったーーー………!」 「ほんともう勘弁してよ…………」 「もぉー……じゃああれですか、敬吾さんもらっちゃった感じですね?」 「そーーなんだよ…………」 げんなりと頷く敬吾を見つつ、やっと平常心を取り戻した幸は「逸くん悩んだでしょうねえ」と微笑む。 「高けりゃ嬉しいってタイプでもないしなー、服とか難しいし………なんなら消耗品を喜びそうだし」 「さっちゃん今日辛辣じゃない?的確だけど」 「ありがとございまーす。それでね敬吾さん、あいつの誕生日なんですけど」 「あい……うん」 「きっかり11ヶ月後です。」 「えっ?」 「過ぎてます」 「…………………」
/1078

最初のコメントを投稿しよう!