後藤の躊躇

1/19
3021人が本棚に入れています
本棚に追加
/1078

後藤の躊躇

「ーーあれっ?こんにちは」 「………………?」 朗らかな笑顔で挨拶をされ、敬吾は久しぶりに固まっていた。 ここはバイト先だし相手はスーツ姿だから問屋やメーカーやセンター内の関係者だろうが、その顔に全く覚えがない。 ビジネスマンらしいが幼くて背丈の小さい、人畜無害な、まるでハムスターや小うさぎのようなーーー 「……………あぁっ!!?柳田さん!!!!?」 「やっと分かってもらえたー!」 本当に社会人だったのかと驚愕している敬吾を、柳田はにこにこと笑いながら見ていた。
/1078

最初のコメントを投稿しよう!