だいぼうけん!

1/55
2952人が本棚に入れています
本棚に追加
/1078

だいぼうけん!

逸の携帯が着信を告げる。 本格的に音が鳴り出す前のノイズだけでもう聞き留めてしまう、一人だけのための着信音。 主に呼ばれた犬のようにぴんと耳を立てて携帯の置かれたテーブルを振り返る。 画面を見て微笑み、逸は端末を耳に当てた。 「はい!お疲れ様ですっ」 『あ、もしもし。お前今どこにいる?』 「アパートですよ?」 『そっち雨降ってるか?』 「雨……?」 言われて逸は曇りガラスの窓を開く。 「いえ、曇ってはいますけど」 『そーか、俺今店出たんだけど急に降ってきたんだよ、悪いけどうちの洗濯物入れといてくれ』 「あ、はいーー」 その忠実さゆえとりあえず承諾はしたものの、逸は言い淀む。 「えーと、どうやって……」 『ポストに合鍵入ってるから』 続けて敬吾が言ったダイヤル番号を頭に刻み、よろしくと言われてそれを受け、ごく自然に逸は通話を切った。 が。 ーー合鍵! なんと甘美な響きか。 携帯を握りしめたまま身を固めてしばしその残響に浸った後。 ダイヤル番号が薄れてきて、逸は慌ててエントランスへと向かった。
/1078

最初のコメントを投稿しよう!