蒼の眼

蒼い眼は孤独の力。能力者達の闘いは続く。

8 209

SF 完結
2時間30分 (89,527文字)
蒼い眼は美しい。それだけでは駄目なのか

あらすじ

超能力と特殊能力を持つ者は、力を行使するとき眼の色を変化させることから“色付き”と呼ばれる。力を持たない“色なし”を、ある日マンティスと呼ばれる色付き集団が襲い掛かった。バタフライという名の政府下の色

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/10/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る