ノンブルゲーム

1/6
39人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

ノンブルゲーム

「お帰りなさい、出張お疲れさま。夕飯もうすぐできるからね」  マンションの一室。スーツ姿の男性が「ただいま」と言って扉を開けると、「料理中」を絵に描いたかのようなエプロン姿の女性が、忙しそうな足音を立てて迎えに来る。女性は男性からビジネスバッグを受け取ると、そのオープンポケットに入っていた見慣れない文庫本に気付き、「おや」と眉を寄せて思わず手に取った。出かけたときには入っていなかったものだ。そして出張中に買ったにしては、古本のような経年劣化が見受けられる。 「この本、どうしたの?」女性が訊ねると、男性はスリッパを履くために下ろしていた視線を上げ、「ああ、それね。行きの新幹線で……」と、思い出すようにして話し始める。          §  地元の土産物というのは一種の死角のようなもので、その性質上、地元の人間がそれを自分のために買うことは少ない。しかしその男性に限っていえば、新木乃(しんきの)駅から新幹線で出張する際、どこへ行くにも銘菓「三種のごまプリン」を購入してから車内へ乗り込む。最も安価な三個入りを、自分用に。  税込みで千円札が必要となるその内容はというと、コロンブスもびっくり、直立する卵形の(一応、ごまの形ということのようだが)容器の中に、黒ごま・白ごま・金ごまを使用したプリンが一つずつ入っている。  男性はこの三種のごまプリンを、行きの新幹線の中で順番に食する。発車と共に最もスタンダードな黒ごまプリンに手をつけ、残りの二つは、目的地までに経由する駅を三等分するそれぞれのポイントで、白ごま、金ごまの順に食べ始める。それが彼の出張における唯一の楽しみだったし、ゲン担ぎでもあった。以前きまぐれにそのプリンを買い、車内で食べながら出張先へ向かったところ、大口の契約を結ぶことができたのだ。  さて、その日も男性は指定席券を手に見慣れた三列シートの前までやってくると、鞄を荷物棚へと上げ、窓側の席に座って背面テーブルを展開、件のごまプリン三種を石碑のように並べた。  とそこへ、同じく指定席券を持った幼い姉弟がやってくる。姉は小学校高学年か中学に入ったばかりというところ、弟は小学校中学年といったところだろうか。もちろん姉弟ではない可能性もあるのだが、そういったことを考え始めるときりがないので姉弟ということにしておく。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!