工藤君の彼女

20/20
187人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ
「『特別』ってね、『好き』って意味だよ」 「……」 「聞いてる?」  き、聞いてます。 と答えたいのに声がでなくて私はコクコクとまるで人形のように頷いた。 そんな私を見て、工藤君はニコリと笑う。 「ねぇ、なら宮っちにとって僕は?」  そんなの、決まってる。 「くっ、工藤君は──」  ──ト・ク・ベ・ツ──
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!