花蓮《はなはす》の池

1/3
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ

花蓮《はなはす》の池

彦兵衛(ひこべえ)は、その日、ぽっくりと亡くなったのでございます。 若い盛りを通り過ぎたとはいえ、老人と呼ばれるには、まだまだ程遠(ほどとお)い年頃でございました。 畑仕事の帰り道、大名行列に気付いて道の脇へ一歩踏み出したのが運の尽き。 このところの長雨(ながあめ)で道草に水がたくさん含まれていたせいか、()にも(かく)にも足を滑らせ、倒れた所にあった大石(おおいし)に鈍い音をたてて頭をぶつけてしまいました。 なんとも運の悪い有様(ありさま)です。 大石に頭をぶつけてしばらくして、彦兵衛は何ともいえない()(にお)いの(ただよ)極楽(ごくらく)(たたず)んでいました。 「そうか、死んでしまったか」 彦兵衛はしきりと懐かしさを感じていました。 極楽に居ると、森羅万象(しんらばんしょう)が当たり前のように理解できるのです。苦労して書物を読む必要もなく、当然のように全ての物事の成り立ちが頭の中に存在しているのです。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!