第三話 『第一の悲劇 首祀り』

1/23
28人が本棚に入れています
本棚に追加
/119

第三話 『第一の悲劇 首祀り』

 俺にとって、今日は心機一転、生まれ変わったように気分の良い朝だった。  だが、そんな中、鶴はいつまで経っても待ち合わせ場所にやってこなかった。 もう随分と待った。下手をしたら遅刻をする可能性も出てきた。 「全く、何やってんだあいつ……今日から心機一転、切り替えていこうって決めたばっかなのによ~」  俺が苛立ちながら待っていると、ようやく向こう側の砂利道から鶴がものすごい形相で走ってくる。 「おい、遅刻だぞ! 寝坊なんかしてる……」  場合じゃない、と怒鳴りつけるつもりだった。  けれど、鶴の姿を見て口が止まる。何故なら、鶴は制服は着ていたが靴は履いておらず、血だらけの素足を晒しながら、俺の前に立っていたからだ。 「はァ……あ……はぁ」 「おい……顔真っ青だぞ……それにその足」  鶴の足は砂利道で石を踏みつけたのか、血が流れていた。顔色も悪いし、何よりその息遣いを見ればまともな状態でないのは明白だった。  だが、鶴はそんなものを気にするような素振りも無い。 「いない……いないの……いな、い」 「はぁ? お前一回落ち着けって。何がどうしたんだ」 「雪が……朝になったら、いなくなってて!」     
/119

最初のコメントを投稿しよう!