スマバレイの錆びれた時計塔

「それでも朝になると、いつもあの鐘の音が鼓膜を揺らすんだよ」

29 964

20分 (11,476文字)
「小説 野性時代短編コンテスト」応募作品

あらすじ

蒼い海を望み、緑豊かな山に囲まれた高台にある小さな町「スマバレイ」。別名「ベル・タウン」とも呼ばれ、色鮮やかな時計塔の鐘の音が町中に降り注いだ。しかし、時代は進み、老朽化した時計塔の撤去を求める声が大

目次 14エピソード

もっと見る

感想・レビュー 2

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2018/4/20

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る