1

1/3
86人が本棚に入れています
本棚に追加
/41ページ

1

塚原潤一が意識を取り戻すと、階段下に血を流した男が倒れていた。 塚原の衣服は血にまみれ、手にはナイフが握られていた。 記憶を辿っても頭を打ったらしく、塚原には覚えがなかった。 何が、どうなってるんだ?? 塚原は朝のウォーキングのために、この階段をいつも通る。 最近、まだそんな歳でもないのに、下腹が出始め、運動不足を気にし出した塚原は、ほぼ毎朝ウォーキングを行なっていた。 ウォーキングと言っても、ただの軽い散歩のようなもので、文字通り、ハードなランニングを行なっているわけではない。 ランニングのようなハードなものは続かないだろうと思い、比較的楽な散歩に近い形で、塚原はウォーキングを行なっていた。 最近は慣れてきたのもあって、気楽に行なっている。 当初はそれでもウォーキングをして家にたどり着くと、多少息が上がっていたから、それまでいかに運動不足だったかがわかる。 このところ、体が軽くなったように感じるのも、ウォーキングのおかげだろうと塚原は思っていた。 そのウォーキングを始めてから、こんな事態に陥ったのは、当然だが、始めてのことだった。 血まみれの男が階段下に倒れていて、自分がナイフを握っている。     
/41ページ

最初のコメントを投稿しよう!