第三話  龍の乙女

1/20
91人が本棚に入れています
本棚に追加
/157

第三話  龍の乙女

 (愛の夢)  故郷に帰って三日目。  不思議な夢を見た。  それは甘くて苦い味のする、愛の夢だった。  恒星が、別れの言葉を口にしている。  信じられ無い程の哀しみ。  ただ茫然と・・ワタシの身体に回した腕をほどいて、去っていく彼を見ていた。  何故か私の横に、ジュリエットが居る。  「アンタは馬鹿よ」  ワタシを睨んで、説教をしている誰よりもイイ女のジュリエット。  「アタシがどんなに欲しくっても手に入らないモノを、アンタは持ってるって言うのに。このおバカさんが・・」  責めるような、でもどこか哀し気なその声は山の木々に木霊して・・  その指差す先を見た私。  そこに見えたのは、森の道を遠ざかっていく恒星の後ろ姿。  「行くのよ!」  ジュリエットがまた叱った。  恒星の寂しげな背中が、森の中を遠ざかっていく。  「凛子ちゃん、勇気だよ」  突然に、頭の中に昇の声が響いた。  「昇お兄ちゃん」、足が勝手に坂道を駆け下りていく。  何かを叫んだところで、目が覚めた。
/157

最初のコメントを投稿しよう!