桜の美しさを思い出す

「だから殺したの。殺して、埋めたの」と彼女は静かに桜を示した。

0 7

11分 (6,163文字)

あらすじ

『三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第73回「桜の木の下で」』参加作品です。 ---------------- プロポーズをした夜、彼女――幸美{ゆきみ}は言った。 「あなたに話したいこと

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2018/4/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る