愛人

2/7
132人が本棚に入れています
本棚に追加
/96ページ
目の前に晒された白い背中に、傷ひとつ残す事は許されない。 「あっ…あっ…あっ…あっ…あっ…」 「ふっ…ふっ…ふっ…ふっ…」 ぶつかり合う肌の音も、この人が溢す声も、何一つ逃したくない…。 「あっ…ぃい…修吾…奥まで来いよ…もっと…」 「そんな事言っていいんですか? 手加減しませんよ?」 さっきよりも激しく、パンッパンッと音を鳴らして、この人の中に実の成らない種を撒き散らした。 この過った関係を始めたのも、終わりにするのも、全て彼に委ねられている。 俺はただ、欲望のままにこの人を抱く…。 この時間が許される限り。 本当に願うものを手に入れるのは、夢の中でだけだ。
/96ページ

最初のコメントを投稿しよう!