鍵屋ノ辻の女

バス停で見かけた女に僕は或る頼みごとをした。「いいわよ」女はそれを引き受けた。

cinq

31分 (18,033文字)

6 136

あらすじ

夫婦の諍いに疲れて妻子と別居中の僕、渡辺は 荒木裕子と名乗る女と知り合った。 霧が多い三重県北西部、時間が止まっているような小さな城下町で 素性もわからないその女と僕は奇妙な関りをすることになる。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る