月に啼くなり、うさがえる

玉蟾(ぎょくせん)とは、月に住む蛙のこと。

7 272

恋愛 完結
23分 (13,581文字)
のどかな邑を舞台に綴られる、少年少女のいたいけで切ない純愛譚。

あらすじ

むかしむかしある所に、大きな山のそびえ立つのどかな邑《むら》がありました。邑長《むらおさ》は山城のような館に住み、山の麓に住む邑人たちを見守り、治めています。邑長には一人娘がいました。名はユクリといい

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/1/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る