一、ユクリとエニシ

1/6
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/31

一、ユクリとエニシ

 むかしむかしある所に、大きな山のそびえ立つのどかな(むら)がありました。  その邑の(おさ)山城(やまじろ)のような館に住み、山の麓に住む邑人たちを見守り、治めています。  邑長の庇護の下で暮らす平民たちは、邑長の一族を頂点とし、強く崇めていました。  邑長には一人娘がいました。  名は、ユクリといいます。  ユクリは邑長の娘という自分の立場を鼻にかけたりせず、山の麓に下りてきては平民の子と同じように学問所に通い、じゃじゃ馬のように野山を駆け回る活発で飾り気のない娘でした。  館の女中や召使いには手を焼かせるユクリでしたが、そんなユクリに誰も不満を漏らさず、邑人からも大変慕われていました。  平民の少年・エニシは、そんなユクリの遊び友達の一人でした。  物怖じしない性格のエニシは、身分の差など関係なく、いつもユクリと対等に遊んでいます。  不思議と馬が合ったのか、ユクリにとってもエニシは一番に仲のいい友達でした。
/31

最初のコメントを投稿しよう!