いつでも待つのはーーー

16/23
203人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ
「着いた。」 「えっ、ここって……」 ほんの少し車で移動した先にあったのはーーー 私がつい最近まで住んでいたマンションだった。 「あのさ…」 「なに?」 とりあえず駐車場に車を止めた彼が言いにくそうに言う。 「引くなよ?」 話が分からないまま車を降りてついていく。 そう、間違いなくこの前まで私が住んでいた部屋だ。 彼は部屋の前まで来ると鍵を取り出しドアを開けた。 「どうぞ。」
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!