ブタのケーキ

12/12
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/32ページ
 春が来たらペットショップに行こう。  一番ブサイクで売れ残りそうな子犬をウチの子に迎えよう。  名前はオスでもメスでも「さくら」。  あの聡明な瞳をしっかりと心に刻む。  新薬の開発や医療の発展には、さくらのような実験動物たちが活躍している。  そうして薬や治療を必要とする多くの人の命が救われている。  私もまた、その一人だ。  今更ながら、自分の仕事の重大さを再認識する。  でも、私にはこの職種が合っていなかった。  ただそれだけのこと。  そんな単純な理由を認めるのに、七年もかかってしまった。  だとすれば、本当の意味で、私が子供を産めない自分を認め、受け入れるにも多くの時間が必要なのかもしれない。  一変するであろう新生活にも大きな不安がある。  それでも私は、来年の桜の季節に新たな一歩を踏み出そうと思う。  こだわっていた旧姓。引っ越したら夫と同じ新田を名乗ろう。  新田由香として、生きてみようと思う。 「ありがとう」  ふいに溢れた感謝と共に、私の内側で、頼りなくも瑞々しい小さな双葉がぽっと芽吹いた。                                          了
/32ページ

最初のコメントを投稿しよう!